TAKE OFF 7
TAKE OFF 7は、最新の音楽を発信しつづける街 渋谷に1980年10月オープンしました。
TAKE OFF(羽ばたく)その名の通り、BOOWY、DREAMS COME TRUE、プリンセス・プリンセス、リンドバーグなど過去に数多くのアーティストがTAKE OFF 7を拠点に音楽シーンへ羽ばたいていきました。
また、宇崎竜童、原田芳雄、所ジョージ、とんねるずなど長きに渡りマンスリー出演していただいたアーティストも数多くいます。
1984年、1988年、1995年と過去3回の移転を行いその度に最新の音響、照明機材を導入し、出演者、お客様により質の高い音楽空間を提供してきました。
アマチュアからプロまでジャンルにとらわれないアーティストのライヴを中心に演劇、お笑い、アイドル企画イベント、専門学校主催の発表会などその利用形態は多種多様です(スタンディング250名、イス席100席)。
また、新人発掘のプロモートにも力を入れており、新しい才能を発掘する場としてレコード会社、プロダクション、音楽出版社などに定期的なアーティスト情報の提供も行っております。

TAKE OFF 7 公式ホームページ

CLUB QUATTRO
1988年6月 渋谷にオープンしたクラブクアトロは大規模ライヴハウスの先駆けとして独自のポジションを確立しました。
オープン以来KOXラジオでは音響、照明のプランニングからオペレート業務まで行ない、現在では名古屋・心斎橋・広島を加えた4会場の運行管理を行っています。